事務局より

 

 

 

高崎市出身、慶應義塾大学卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科美学美術史学専攻アートマネジメント分野修了。

大学院では舞台芸術団体(オーケストラ、オペラ、バレエなど)における芸術普及活動(ワークショップ、舞台演出)の他、ファンドレイジング、マーケティングについて研究、都内プロオーケストラのインターンを経験。2008年にはクラシック音楽とメディアアートを融合したミュージックシアター(ベートーヴェンの生涯)を高崎市で開催し、地元メディアにも紹介され好評を博す。

現在は群馬音楽藝術学院アートセンターの主催するセミナーの講師、主催公演の舞台制作、演出等のプロデュース活動を行う。

現在、群馬音楽藝術学院 専務理事兼副学院長、進学コース講師、群馬音楽藝術学院オーケストラアカデミー、群馬音楽藝術学院ウィンドオーケストラ副団長。三田芸術学会、日本アートマネジメント学会、文化経済学会、日本音楽療法学会会員。

ご挨拶

 みなさんこんにちは。副団長の戸塚です。当団では定期演奏会の他、「音楽で群馬を盛り上げよう」を合言葉に、積極的に街に出かけて演奏活動をしています。楽団のマネージャーとして、またパーカッション奏者(!?)として、音楽の持つエネルギーで地元の街や人を元気にしたいと思っています。

他にも当団ではオーケストラ活動を通じて、芸術団体の運営面を仕切る人材も育成したいと思っています。広報やマーケティング、ファンドレイジングなどの専門知識やスキルを学ぶことで、オケに限らず、色々なジャンルの舞台芸術の活性化に貢献したいと思います。

それから、当団のサウンドディレクターさんと協働でPAや映像、SNSを駆使した演出やアーカイブ、自主レーベルの立ち上げなど、メディアを使った活動も企画しています。当団のこれからの活動にぜひご期待ください♪♪

-

ご挨拶

 エジソンがレコードを発明して135年以上

エジソンがレコードを発明して135年、CDが出現して30年以上経ちました。今はネットによる音楽配信が主流となり、かつてのウォークマンから、携帯音楽プレーヤーで気軽に音楽を楽しむ時代となりました。この間の技術革新は目覚ましく、アナログからデジタルに移行し、デジタルの代名詞だったCDでさえその座を譲ろうとしています。これからもライフスタイルの変化に応じて、音楽を聴く形は大きく変化していくことでしょう。

私たちの学院にはアートセンターを開設しており、音楽を総合芸術として様々な角度から調査・研究をしています。これから主に技術的な観点からアートセンターと協力しながら、色々な音楽ソフトを製作し、新しい音楽芸術の可能性を追求していきます。

事務局員

  • 舞台監督・演出・ステージマネージャー
    • 戸塚 弘幸
  • サウンドディレクター/PA・レコーディング・映像
    • 太田 克利
  • インスペクター/ライブラリアン
    • 本多 文子
    • 遠藤 翠
  • Website/SNS
    • 石川 真帆
  • 経理部
    • 遠藤 翠 戸塚 直子

運営は団員全員が力を合わせています。

VOICE

  • facebook
  • Twitter
  • Twitter
  • blog
  • contact
  • facebook