事務局より

高崎市出身、慶應義塾大学文学部卒業(美学)、慶應義塾大学大学院文学研究科美学美術史学専攻アートマネジメント分野修了。

大学院では舞台芸術団体(オーケストラ、オペラ、バレエなど)における芸術普及活動(ワークショップ、舞台演出)の他、ファンドレイジング、マーケティングについて研究、都内プロオーケストラのインターンを経験。2008年にはクラシック音楽とメディアアートを融合したミュージックシアター(ベートーヴェンの生涯)を高崎市で開催し、地元メディアにも紹介され好評を博す。

現在は群馬音楽藝術学院アートセンターの主催するセミナーの講師、主催公演の舞台制作、演出等のプロデュース活動を行う。

現在、群馬音楽藝術学院 専務理事兼副学院長、進学コース講師、群馬音楽藝術学院オーケストラアカデミー、群馬音楽藝術学院ウィンドオーケストラ副団長。三田芸術学会、日本アートマネジメント学会、文化経済学会、日本音楽療法学会会員。

ご挨拶

 みなさんこんにちは。副団長の戸塚です。合唱団”Kreis(クライス)”のホームページにようこそお越し下さいました。

 当合唱団の特徴を一言で表すと、“青春”です笑 
えっ!?と思われる方もいらっしゃると思いますが、当団では歌を楽しむと同時に音楽講座やアートマネジメント講座などの座学も開講しています。気軽に参加できる大人の学びの場として、学校のクラスのような雰囲気でレッスンをしています。
 クラスの仲間として人間関係やコミュニケーションを大切にすることで、合唱をする時にも、課外活動をする時にも心を1つにして歌うことができると思っています。文人の永井荷風も「熱情さえあれば人間は一生青春で居られる」と言っています。クラスの仲間と歌い、学ぶことでもう一度青春しよう♪ というわけです!

 そしてもちろん、座学の中身も工夫しています。音楽の歴史を学び教養を深めることで、音楽の醍醐味を深く味わうことができますし、作品の解釈も豊かになります。それが合唱の表現に活かせたら素晴らしいですよね!

 それから、アートマネジメント講座では音楽の持つ力が私たちにどんな影響を与えているのか、そもそも芸術活動が私たちの暮らしや住んでいる地域にどんな影響を与えているか、考える機会を持っていただきたいと思っています。
普段そんなことって中々考えないですよね。でも歌を特技とする皆さんには、地域や社会のためにできることってたくさんあります。アートの持つ力についてぜひ一緒に考えましょう。

 歌やアートが好きな方、仲間ともう一度青春したい方笑、ぜひ気軽に遊びに来てください♪

事務局員

  • 舞台監督・演出・ステージマネージャー
    • 戸塚 弘幸
  • サウンドディレクター/PA・レコーディング・映像
    • 太田 克利
  • ライブラリー
    • 遠藤 翠(Pf)
  • Website/SNS
    • 石川 真帆(Pf)
  • 経理部
    • 戸塚 直子

運営は団員全員が力を合わせています。

VOICE

  • Twitter
  • facebook
  • blog
  • contact